スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
リベラル派が結集して新党立ち上げたらええのに・・・30~40人集まりそうやけど・・
2017 / 10 / 01 ( Sun )
”細野モナ男”が”緑のオバサン”(元マダム寿司・・)の右腕になった気分で、

「民進党は歴史的役割を終えた。三権の長を経験した方々はご遠慮いただく」と述べた

”スッカラ菅”と”野田ブタ”の名指しこそしてないが・・・

それについて”緑のオバサン”は

「一つの考え方だと思うが、総合的に考えたい」と必ずしも排除しない姿勢を示したという。

即効打ち消されその後、

公認候補の調整については、

”緑のオバサン”の側近”若狭勝”と民進党の”玄葉光一郎”総合選挙対策本部長代行が、

政権公約については

”若狭勝”と民進の”階猛(しなたけし)”政調会長が、

それぞれ調整に当たるそうで、そこには”細野モナ男”の”ホ”の字もない

哀れ勇み足やった”細野モナ男”

そこで出来た希望の党の綱領が「寛容な改革保守政党を目指す」怪しげな綱領じゃ~あるけど・・・

”緑のオバサン”の記者会見とかぶら下がり会見とかで

「私たちの政策に合致するのかさまざまな観点から絞り込みたい」
「全員を受け入れるということはサラサラない」
「排除しないのではなく、排除します」
「安全保障や憲法観といった根幹部分で一致するのが必要最低限だ」


「寛容」の意味を辞書で調べたら、

「心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと」とある。

この希望の党の代表”緑のオバサン”は寛容の意味を知らんで綱領にしたんかな?

寛容の欠片もない!

DK9BPtEVwAAD4J2.jpg

この四五日、日本中が”緑のオバサン”一色に包まれ本人も調子扱いたか?

民進党のカネが目当てやないかと問われて”若狭勝”は

「希望の党は民進党の政党交付金はもらわない」という趣旨の発言したそうで、

まぁ、ことがカネの話やけええこちゃんぶるわな・・・

日増しにボロがでる・・・

一時はブルッた痔民痘もほくそ笑みよるかもしれん・・・

ところで、

”北の刈り上げデブ”がさっぱり大人しくなったが、

やっぱり出来レ-スやったんかのう・・?

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



00 : 17 : 43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今月、選挙があるのに立候補予定者(民進党所属)心此処に在らずの毎日やろ・・・ | ホーム | ”田原総一郎”が”でんでん晋三”に入れ知恵したのはなんやったんやろうなぁ・・・「必ずやる」と自信満々やったが・・・この解散劇やなかろう・・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/2021-b80ade54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。