巨人、底なし沼に嵌ったか?13連敗・・・どうせなら30連敗して世界一にならんかい!
2017 / 06 / 08 ( Thu )
昨晩は、「壮烈第七騎兵隊」有名なカスタ-将軍の物語を鑑賞・・・の前にドジ踏んで、

下書き途中の記事を誤ってアップしたみたい・・・( ノД`)

晩飯喰うて一休みして、どれ、続きを書くべェ・・・と

記事の管理みると「公開」になっとるやんか~・・・

下書きチェック入れたのに・・・(つもりやったんやな(´・_・`))

一応書き終わってはいたんやけど・・・

で、映画の方は・・・
img_0_20170608184929e58.jpg


カスターは”エロール・フリン”は1857年、ウェスト・ポイントの陸軍士官学校に入学する。

成績は開校以来最低といわれた。しかし、勇敢なことも開校以来と定評をとった。

折しも、リンカ-ンが大統領になる事に寄って、南北戦争が勃発し

卒業が繰り上げられ、同僚はさっさと任地が決まって出征するが、

成績の最悪なカスタ-にはお呼びが掛からん。

南軍が首都ワシントンに迫ってバタバタする上層部に

レストランで将軍に言葉巧みに南軍撃破を自分なら出来る、と売り込み、

第二騎兵隊所属の命令書を手に入れる。

その際、迫りくる敵にあたふたする軍部が書類の混乱で

少尉を副将軍と誤ってサインする。

着任するや勇猛に陣頭指揮して南軍をやっつけ首都ワシントンを守り勲章を貰う。

戦争が終わって、肩書も大尉の戻され兵役も解かれる。

酒浸りの退役軍人の生活を送り、見かねた嫁さんが、

父親を通じて軍の有力者に働きかけ、ダコタの第七騎兵隊の司令官に任命される。

だらけ切った軍隊の規律を立て直し、インディアンと平和条約を結んで

もしこの約束が破られたら、全ての種族が一丸となって抵抗するという酋長に

彼らの聖地ブラックヒルに白人は入らないと約束する。

鉄道の延線をしたい連中が、「ブラックヒルに金鉱がある」とデマを飛ばし、

ゴ-ルドラッシュよ再び、とばかりに入植者を釣る。

カスタ-は入植者のリ-ダ-(かつて士官学校の同期のネッド)を説得するが

時すでに遅し、全てのインディアン種族が蜂起し、

第七騎兵隊はリトルビッグホ-ンで全滅する。

カスタ-の遺書により、ネッドの悪巧みが暴かれ、

カスタ-とインディアンとの間に結ばれた条約は破棄されず守られることになった・・・ジ・エンド。

史実はこの後白人側から条約を破って西部開拓が進められる。

西部劇の悪役と言えばインデイアンやった時期があり

”マ-ロン・ブランド”が「ゴッド・ファ-ザ-」でアカデミ-賞を辞退したのも

インディアンを始め少数民族差別に抗議して・・・やったと覚えとるんやが・・・

話変わるが

団地の入り口で付近で、直直パトカ-が隠れとるのをみかける。

今月に入って3~4回お目に掛かっとるが、

入り口から出た道路が500~600メ-トルの直線で、

スピ-ド違反の取り締まりやろうけど、

つい、訊いてみたい誘惑にかられる・・・「ネズミ取りですか?」と・・・

スピ-ド違反の防止、なんて口が曲がっても言えん筈で

スピ-ドを出しそうなところにパトランプをキラキラ回してハザ-ドランプ点けたほうが抑止がきく。

交通違反の罰金は予算化されとるらしいけ、ノルマがあるんやろうな。

如何にも「人を見たら泥棒と思え」を第一義とする警察らしいわ・・・

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村










22 : 26 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1889-d441f280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |