久し振りに女房殿とDVDを鑑賞した・・・
2017 / 03 / 01 ( Wed )
今日は水曜日で行きつけのDVDレンタル店が準新作・旧作半額サ-ビスの日で、

久し振りに覗いた。

女房殿の「ハドソン川の奇跡がみたい」とリクエストもあったし・・・
20170111022310b69.jpg

ニュ-ヨ-クの空港を飛び立った旅客機のエンジンに鳥を巻き込む不運に遭いそれも2基とも、

継続飛行が無理と判断した機長は管制塔が誘導する空港へは向かわず、

ハドソン川に不時着する。

無事に着水した機は乗客のパニックはあるものの、乗務員の冷静な対応で、

屋外(川の中)へ誘導される。(1月の川の中冷たそう・・・)

早速機長は、国家運輸安全委員会から

「川に墜落させるよりラガーディア空港に引き返すべきだったのではないか」と

して査問を受けることになるんやが、機長は「墜落ではない、不時着だ」といい、

公聴会にかけられ、コンピューターを使うたシミュレーションをするが、

調査委員会の言うように空港に着陸できることが証明されるんやけど、

機長は「コンピュ-タ-には心がない、方法を決断するのに時間が必要だった」と主張し、

そこで、ボイスレコ-ダ-に残された副操縦士とのやりとりが再現され、

機長の正当性が認められる。

調査の順番が違うような感じもする

調査委員会はボイスレコ-ダ-は聴いてなかったんやろか?

機長の判断に誤りはなかった、と判定され、

機長は乗員乗客155名を救った英雄に祭り上げられる。

この手の映画の脱出場面にありがちな、泣き喚いたり、

大声出して感情的になる描写が抑えられた演出の様な気がした。

国家機関が機長に罪を擦り付けようとするのがアリアリで、

そこに監督のクリント・イ-ストウッドがムラムラっときたんやなかろうかな。

ラストシ-ンで副操縦士に記者が「もう一回あつたら・・・」と訊くと

「7月がいいな・・」

副長役のア-ロン・エッカ-トがよかったなぁ・・・

訳分からん感想文読むよりこっちをどうぞ・・・

                    ハドソン川の奇跡


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


23 : 06 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<森友学園の騒動に、昨年亡くなった鳩山邦夫の秘書の名前も出てきたそうで、何処かの誰かが悪知恵出しよるなぁ~・・・ | ホーム | アッキ-ド事件とはグッドネ-ミングやな・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1784-b8213e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |