本日も映画の感想で~す・・・
2016 / 12 / 10 ( Sat )
PCの画面に「このペ-ジは表示できません」でフリ-ズすると、

電源落としてインタ-バルとって再入力するんやけど

一応トラブルシューティングを紐解きながら

修復に努力するんやけどね・・・

何しろ、コンピ-ュ-タ-用語がチンプンカンプンで、

意味を調べながらやけ、あっち開き、こっち開きで時間が掛かってしょうがない。

しまいにゃ、え~いっ!やめた!・・・といつも通り電源オフで対処・・・

たまに、パスワ-ドを要求されるトラブルがある、それが昨日やった。

設定を変える事で修復できるんやろうけどなぁ・・・根気がないわ・・(つД`)ノ

で、昨日のクラシック西部劇5枚目は、

「赤い空」’52年、主演リチャ-ド・ウイドマ-ク

PC050023.jpg



山岳での森林火災とそれにたちむかう、落下傘で山火事現場に降下する消防士を描いた映画なんやけど、

何故かジャンルは西部劇で収録されとる。

山火事が発生した現場に出動したクリフ(リチャ-ド・ウイドマ-ク)をチ-フとする5人の部下。

火事が鎮火してヘリコで救援に赴いた隊長が目にしたのは、

大火傷を負いながら彷徨うクリフのみ。

3人は焼死体となり2人は行方不明。

行方不明の隊員ミラーの息子エド(ジェフリー・ハンター)はクリフだけが生き延びたのに疑問を持ち、

クリフに現場の事情の説明を求めるけど、生死の瀬戸際にあったクリフは、

爆発以後の意識が飛んでしまい、充分説明できんのやな。

エドは、飛行機をチャ-タ-し火災現場に飛んで父の遺品を発見すると、

クリフが自分が助かるために他の隊員を犠牲にしたと思い込んでしまう。

エドの留守中、森林にまた火災が発生し、今度もクリフが隊長となって必死の消火作業が始めるが、

火の勢いは強まり、増援部隊が要請する。

隊長に部隊を離れた罪で「クビ」を告げられたエドは振り切って増援部隊にはいる。

火事場でクリフを見つけたエドは、斧でいきなり殴りつけ格闘の末、

エドは崖下に落ちて足を骨折する。

火事は益々勢いを増し、空中から隊長が避難の指示をだすが、

クリフは地面に穴を掘るよう命じ、一方でエドの救助に向かわせる。

エドを抱えてきた部下たちと水を浴びて壕に潜りこんで火をやり過ごす。

クリフの、この的確な判断によって、隊員達は全員無事で、

エドもチ-フの任務の厳しさを知り、誤解も解け、命の恩人として固く握手してジ・エンド・・・

日本公開は’59やそうで、そう言えばポスタ-かチラシで見た覚えもあるような気もするわ。

エドが焼け跡から父の遺品をみつけるのは安直な気もするが、

山火事の広がりをヘリコを飛ばして指示をだすのに、

でっかいメガホンで地上のハンデイト-キ-とやり取りするのは面白かったねぇ。

空中からメガホン使うのは理由があるんやろうけど・・・

古い映画はもう一つ楽しみがあって、意外な俳優がチョイ役で出演するのを見つける事。

チャ-ルス・ブロンソン????と巻き戻して確認し、

タイトルロ-ルの俳優の最後に「Charles Buchinski 」とあったけ間違いない。

台詞・・・なし(;д;)


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村






23 : 52 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<エリマキ蓮舫がマダム寿司と共闘を示唆したらしいが、益々民意から外れようとする民進党・・・ | ホーム | 映画の感想・・・・とでもしとくか・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1700-0e7323ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |