韓国の大統領のスキャンダルを懇切丁寧に検証してみせる、電器紙芝居のアホ・・・。もっと国内で報道する問題はなんぼでもあろうに・・・
2016 / 11 / 01 ( Tue )
ONCE A PON A TIME・・・1950年代と言えば十分昔々の範疇・・・と勝手に解釈して・・・・

西部劇が全盛を誇ったのはその50年代がピークで、

未だに記憶の糸を手繰りながら西部劇の想い出に耽ることもしばしばある・・・

今日はそのへんのところをグダグダ述べてみるか・・・

映画は主題曲が重要な要素であるのは間違いないが、

タイトルバックに流れる主題歌が歌われるのは多くない・・・

そんな中で、ワシの好みの作品を何本か拾い出してみたい・・・

まずは、「真昼の決闘」あまりにも有名な「ハイ・ヌ-ン」やな・・・

余りにも有名な曲で最早スタンダ-ドナンバ-の域に達しとるが・・・

映画が始まって「テックス・リッタ-」が歌う主題歌に被さって小高い丘の上で「リ-・ヴァン・クリ-フ」が

やがて、「シェブ・ウ-リ-」と「ボブ・ウイルク」が落合、3人が馬でボスをむかえに行く・・・

この悪役3人は他の映画でも最後まで生き残った(善人役)のは観た事ない。

「リ-・ヴァン・クリ-フ」は後年マカロニウェスタンで名を成したけど・・・

MV5BMTY0ODU1NjY5N15BMl5BanBnXkFtZTcwNTI0NzEyMw@@__V1_UY317_CR110,0,214,317_AL_


「シェブ・ウ-リ-」もTVウエスタン「ロ-ハイド」でピ-トと言う名の斥候役やったなぁ・・・
MV5BMTg5ODUyODU4Ml5BMl5BanBnXkFtZTgwMTc0NjU1MTE@__V1_SY1000_SX802_AL_.jpg


そうすると、「ボブ・ウイルク」だけか・・・
MV5BMTM1NTY3NDQzNF5BMl5BanBnXkFtZTYwNTE5Mzgy__V1_UY317_CR21,0,214,317_AL_


ん・・、「チャ-ルトン・ヘストン」の西部劇アロ-・ヘッドでは軍曹役やなかったかな?

まぁ、何れも東映の進藤英太郎や吉田義夫、原健策等の役割に相当するかな?

進藤英太郎は大物すぎるか・・・阿部九州男にしとくか・・・

続きは何れ・・・話はコロッと変わるが・・・

お隣韓国の大統領のスキャンダルを微の入り細に渡って

電器紙芝居は検証して見せるし、

米国の「トランプ」やフィリピン大統領の暴言を上から目線で報道する!

しかし、国内の政府のスキャンダルはガン無視・・・

先日、逝去された「三笠宮様」の語録に

>日本人の特に軍人に欠けているものは「内省」と「謙譲」である。
 新聞ラジオは日本人の悪いことは言わないし、また相手の良いことは言わない。
 我らはこれに惑わされてはならない


三笠宮様は皇室で唯一軍人になられた方やそうで、

軍隊を経験したからこそ軍隊の実態を批判をされたが、

マスゴミは三笠宮様の発言ををタブー視扱いして一切報じなかった。

と、「髭の岸井成格」がサンデ-モ-ニングで解説したらしい。

マスゴミの性格は一世紀近くの時を経ても変わらんもんやなぁ・・・

と言うより、当時より電器紙芝居が加わった分庶民を誑かす道具が増えた・・・

なかなか、スカッとする出来事がないなぁ・・・

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村






01 : 06 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<TPPの強行採決がどうやら4日の先延ばしされたそうやけど、「民進党」が4日で合意したらしい。クソッ、益々「痔民痘」の補完勢力に向かいやがって! | ホーム | 今からの季節はマラソンや駅伝が毎週どこかで開催されるんやろな・・・若い24~25歳の頃、会社の運動会でグランド10周の3000メ-トルに出場して、7周目で足が縺れて転倒・・・リタイアした・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1654-7f184d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |