明日から「リオ・オリンピック」・・・電器紙芝居なんかが「メダルがメダルが・・」と五月蠅い2週間になるよ・・・
2016 / 08 / 05 ( Fri )
大河ドラマ「真田丸」で赤ん坊が「パンパ-ス(紙おむつ)」を履いたのが写りこんだそうで

ワシは観たんやけど・・・気が付かんやったなぁ・・・

編集で気が付いても、相手が「赤ん坊」やし・・・一瞬のことでもあるし・・・

と、舐ったんかもしれんなぁ・・・
29741eaf-s.jpg



史実に忠実に作ったわけでもなし、たかが電器紙芝居のドラマのチョンボに

目くじら立てる程の事はないわな・・・

6連発のピストルからマシンガン並に発射される弾丸に比べたら

時代劇で「紙おむつ」がチラッと見えた・・・くらい可愛いもんよ・・・

ところで、

「美人コンテスト」は世界中の国で行われとるようで、お国柄もあるやろうけど・・・

「美人」の尺度が数字で表せんのが悩ましい・・・

我が国に於いても、何しろ今ではブスの代名詞みたいな「お多福」が美人と持て囃された時代もあったそうで・・・

>アメリカで行われた「ミス・アメリカ2017」は美人女性が出場しその中で一番の美人を決めるというもの。
 去年の「ミス・アメリカ2016」はジョージア州出身の21歳の女性が優勝。

しかし今年の優勝には少し問題があったようだ。優勝したのは中国系アメリカ人、アリアナ・クアンさん(23)。
北京でうまれて、6歳から家族で米国で移住生活をしているという。

しかし、なんというか……はっきりというと「ミス・アメリカ」に相応しくないという意見や批判が多く寄せられており、
何故優勝したのか疑問になるほどだ。

「ミス・アメリカ」は見た目の容姿だけでなく特技などでも評価される。しかしそれにしても優勝はあり得ないと

「この女40歳に見えるんだが…」
「クソ酷い」
「Weiboの有名人だねw」
「23? 彼女は43ではないのか?」
「この女は酷い。カノ持ちの彼女の父親は選挙委員会に金を払ったのか?」
「政治的ななにかが…」
「ブスを選ぶコンテストなの?」と、袋だたきである。

今回の批判は米国だけでなく、中国からも批判されており「汚名だ」とまで言われている。また少ないながらも、
「彼女は可愛い」「内面が美しい」という意見もある。
皆さんは今回の「ミス・アメリカ2017」の優勝者に納得行くだろうか?


ん?「ユ-ミンか?」・・・・

6c52a279.jpg 

daa02ae6-s.jpg



f9f3d18c-s.jpg d002b6f2-s.jpg

                   昨年(2016年)の優勝者やそうな・・・
20150929162239asodip3 (2)

759555df-s.jpg


                   これが各州代表だ・・・どうや!

各州の「ミスコン」の優勝者の写真をシャッフルして抜き出したんやないの?

「大同小異」というか、「金太郎飴」というか似たり寄ったりの雁首で

「コンテスト」に出場する勇気に敬意を表したいわ・・・

10年ほど前の日本人の優勝者もこれが????やったなぁ・・

格差が付く様なことやめりゃ~ええのに・・・

大金が動くんやろうなぁ…

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村








00 : 20 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<”防衛大臣”あたりから内閣が崩れそうやな・・・しどろもどろ答弁の正直者(?)中谷元防衛大臣を交代させたのに・・・ | ホーム | 内閣改造・・・と大上段に振りかぶっても殆ど留任やないか!アホクサ!・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1564-9628f0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |