丸川珠代も随分人相が悪うなった。
2016 / 02 / 09 ( Tue )
環境大臣(丸川珠代)が講演で

>東京電力福島第1原発事故を受けて国が原発周辺などで行っている除染で、
 基準となる年間被ばく量を1ミリシーベルトとしている点について、
 「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。
 そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」などと述べた。


「国の基準が厳しすぎる」とか「何の根拠もない」とか

果ては、「時の環境大臣が決めた」という。

流石に大臣として恥ずかしいわな。

それともボスの”アホノポンスケ”を真似て”ミンス党”に責任転嫁か?

”無知蒙昧”なワシでさえ、「ICRP(国際放射線防護委員会)」の勧告が根拠、ちゅうのは覚えとる。

事故当時の東電の記者会見はよ~視聴したけね。

その”ICRP”を知らんちゅうとるんやけ、大臣失格や!

”アホノポンスケ”の任命責任で追及しろ。

>国立がん研究センターの昨年11月の疫学分析で、
 東京電力福島第一発電所の事故後に事故前の10年と比較し、
 18歳以下の男子で90倍、女子で50倍の甲状腺がんまたはその疑いが発生していたことに加え、
 最近の知見を踏まえての大臣の所見である。

              
「(福島の甲状腺がんは増えても)知見が積み上げられる事が大事」と

「まだまだ人体実験が必要」というとるんやけ、政治家の発言やないわな。

国民を守るより東電を擁護する
CULYywjUYAEQE9g.png


自分が視察する時はフル装備で身を守る。

日本の四大公害と言われる「水俣病」「新潟水俣病」「イタイイタイ病」「四日市 ぜん息」に

「被曝」が加わるのも間近かな?


           年間被ばく量を1ミリシーベルトには根拠がないby丸川環境相


小沢一郎事務所ツイ-ト
      ⇓
政権は内政に行き詰ると、とかく外に目を向かせたがる。
こういうときにこそ、政権が失政を隠そうとすることは歴史が証明している。
国際問題も重要であるが、同時に我々はこの点をよくよく注視しなければならない。
中でも、円高→株暴落→年金運用巨額損失リスク増大については一番隠そうとするだろう。

安倍総理は、現在の巨額年金損失リスク増大について追及されるのを一番嫌がるだろう。
これまで以上にイライラするだろう。ただでさえ貸出が増えない中、
マイナス金利の真の目的は円安と目先の株高にある。もはや完全な泥沼。
総理は行方不明になって久しい三本目の矢なる物を今こそ出すべきではないか。


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村





00 : 24 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<閣僚と威張っても脳みその中は我らと大して変わらんわ。 | ホーム | ”アホノポンスケ”が「明白な国連安全保障理事会決議違反だ」と吼えとるが、自分は勧告を無視しとって「俺はええけどお前はダメ」。半島人と同じかい!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1361-86649d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |