”ワタミ”があまりのブラック企業ぶりが多くの人が知ることになり、日本人が利用してくれんけ店が傾き、次のタ-ゲットを”外国人観光客”に目をつけたらしい。
2015 / 09 / 21 ( Mon )
便所紙や電器紙芝居各局の”戦争法案”委員会採決の模様を

>例えば、安倍政権の親衛隊メディア「産経新聞」(9月18日付)では、
特別委員会のドサクサ紛れの採決について民主党をこう批判した。

「民主党など野党は、法案の採決を阻もうとあらゆる手段を繰り出した。その最終段階で国民が目にしたのは、他の議員の背後から飛び乗ったり、議事進行に必要な書類を無理やり奪おうとするといった、およそ立法府にあるまじき光景だ。暴力まがいの行動に訴える国会議員に、日本の平和と安全保障政策を論じる資格はない」 

 さらに9月19日放送の『ウェークアップ!ぷらす』(読売テレビ)では、
 冒頭から司会の辛坊治郎が野党の暴力をことさら強調してみせた。

「それに至る大混乱は、成熟した民主主義国ではあまり見ないというか、まず見ない!」
「途上国の議会でもこの手の大混乱はニュースになることありますが、ちょっとこれはあまりに恥ずかしすぎると正直思います」

 産経や読売テレビといった保守メディアだけでなく、
『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)など、
ほぼすべての情報番組で「国際的に恥ずかしい」「もっと冷静になってほしかった」などと
その混乱の責任は野党の側にあり、「暴力」で採決を阻止した野党といったコメントが氾濫したのだ。

                                       -----リテラより引用---

等々、政府に飼いならされた”狗”どもが嬉しそうに喧伝しとるようで
まぁ、あの映像を見せつけられると、電器紙芝居の画面を眺める視聴者は
「野党の暴力か」と納得するわな。

ところが、あの委員長席に”ワ~ッ”と押し寄せる瞬間の映像を
「スロ-モ-ション」にして解説付きで投稿した人が居って、

>日本テレビのウェークアッププラスの誤認報道は問題です。
 安保特別委員会の強行採決の様子をそのように報道していますが事実は全く逆。
 鴻池委員長が着席し、理事の福山、佐藤、A氏が委員長席により、
 質疑の打合せをしようとした瞬間、
 背後から十人程度の与党議員が襲ってきた瞬間の写真です。
 結果、ヒゲの佐藤議員は委員長席に残り、
 福山、A氏の両理事が委員長席からはじき飛ばされ、
 しっかり、委員長席が自民党議員によって、スクラムで囲まれた瞬間です。
 事実は、「暴力的に委員長席を与党が占拠し、声が聞こえないまま議事進行をした」
 つまり、日本憲政史上初の野党を暴力的に排除して行なった強行採決であったのです。



                      クリック⇓してね                 


                     http://dai.ly/x379bin

しかも、この与党の暴挙は”髭の隊長佐藤”がシナリオ書いてシミュレ-シュンまでした、ちゅうけたちが悪い。

>参院平和安全法制特別委員会で17日に行われた安全保障関連法案の採決では、
 自民党の若手議員が採決を妨害する野党議員から鴻池祥肇委員長を防御するため、
 防衛大学校名物の「棒倒し」を参考に、綿密な守備計画を作り上げた。
 防衛大出身の佐藤正久筆頭理事が指南役となり、開会前の同日早朝、
 ひそかに集まってシミュレーションもしたという。

 関係者によると、佐藤氏はまず、若手議員らを
1)鴻池氏を取り囲んで守る係
(2)鴻池氏に詰め寄ろうと近寄ってきた野党議員をはね返す係
(3)採決時に起立賛成するため席に戻る係-の3グループに分類。
 
17日午前7時頃には、同委開会前の参院第1委員会室に極秘に議員を集め、
 委員長席の背後など特に厚くブロックすべき位置を指南した。

 鴻池氏のすぐ側には身長の高い議員を、外側には、脇からの侵入を防ぐため、
 ふくよかな議員を並べるなど緻密に計算したという。
 若手議員たちは室内で、それぞれの体格や運動能力に応じた配置を考え、
 最も早く委員長席にたどり着くルートなどをシミュレーション。それが鉄壁の守備につながったという。

                                                   ---サンケイ--

スロ-で視るとよ~分かるなぁ。
与党の位置からワラワラと押し寄せるのが・・・・
歯痒いけど、この映像が表に流されることは金輪際ない。
せめて、ネットで拡散するとええねぇ。

話は変わるが、その参院での強行採決の場に”銭ゲバワタミ”の顔がチラッと見えた。
ブラック企業ぶりが暴かれて業績不振で
昨年度100店舗を閉鎖、今年中にも85店舗を閉鎖予定らしいが、新しい事業として

今度は、増加する外国人観光客をあてこんで、大手旅行会社とタイアップして
和食と日本酒をメニューの中心とするほか、客が浴衣を着たり、そば打ちを体験したりして
日本文化を楽しめることが特徴なんやそうな。

外国人旅行者相手に呑み屋開いても、リピ-タ-になるわけでもなし、
旅行会社にマ-ジン抜かれて、その分商品が高くなるか、品質落とすかになり
結局、従来通りの冷凍もの解凍して提供するようになるのが落ちで、
日本の食文化の評判を落とすことになりそうやけどね。

様々な文化を持った連中が店内で鉢合わせすることにもなりそうやし、
言葉が通じず、トラブル続出・・・・目に見えるようやな。

浴衣を着たけとか、蕎麦打ちを喜ぶと思うんかね?
発想が貧弱やな~。

まぁ、ワシは酒を全く受けつけん体質やけ、こっちの腹はいっこも傷まんけ好きにやったらええわ!

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


23 : 07 : 43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シルバ-ウィ-クや・・・いうて騒々しかったが残すところ後1日になった。早いもんやねぇ。まぁ、好天に恵まれてよかった、よかった・・・ | ホーム | 自衛隊は災害地救済部隊やなくなるなぁ。何時、思いもよらん”戦争”に狩りだされるか分からんけ待機しとかんといけん。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://genntotosie.blog.fc2.com/tb.php/1218-d7700302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |