”ハロウィン””クリスマス””バレンタインデー”と日本人はな~んで、キリスト教に纏わるイベントに湧き上がるんやろ?、”ハロウィン”なんて子供が仮装して近所の家庭にお菓子ねだりに行く祭と訊いたぞ。ええ歳扱いた大人が仮装して浮かれやがって!
2015 / 10 / 31 ( Sat )
警察という職業は決して”正義の味方”やない・・・
国民の殆どの人は「警察が守ってくれる」と信じとるやろうが

警察の主たる仕事は”事後処理”しかせん。
スト-カ-を訴えて警察に駆け込んでも、受け付けて貰えず訴人が悲惨な目にあって
初めて動き出す・・・・というのはこれまでも枚挙に暇がない。

その、事後処理が主たる仕事の警察が、事後処理が”面倒や”と不正したちゅうんやけ、
こりゃ~どもこもならんわ・・・

>交通違反の捜査報告書の作成者欄に、実際には現場を実況見分していない同僚警察官の
 署名や印鑑を使用したなどとして、 兵庫県警は30日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、
 退職者2人を含む警察官70人を書類送検した。

>交通違反の取り締まりの客観性を高めるため、
 違反者が否認した際、取り締まった警察官ではない第三者の警察官が現場を見分し、報告書を作成する内規がある

取り敢えず違反キップ切って後、同僚に署名・捺印を頼んだという事を
「捏造やないけ問題ないと思うた」というけど、

公文書偽造やろ?犯罪で取り締まりの対象で事件にもなろうかちゅう案件を
「モ~マンタイ(無問題)」と認識しとるのはおっとろしいぞ・・

公式文書の偽造が法的に認められんかね?

違反切符はこっちの言い分は一切受け付けて貰えん。
警察のゴリ押しを通すための、第三者の見分なんやろうけど絵に描いた餅よりまだ悪い!

何億・何十億円もの罰金がこうしてむしり取られとるんやろうな。

電器紙芝居各局は飽きもせず”マンション杭打ち”を報じるが
この問題を大きくして国民に啓蒙したほうがええんやないの?

昨今、警察官の不祥事が異常に多いいし、もう、警官見たら犯罪者と思えレベルに近づいとる。
アメリカでも、2~3日前、授業中に携帯電話使用を止めるのにいう事訊かん生徒に
業を煮やした先生が警察呼んで、強引に(引き摺り倒し)排除する映像が流れた。

              ◎警察官ら70人書類送検 兵庫県警

DNA鑑定の飛躍的進歩で多くの冤罪事件が明らかにされ出したが
警察は今まで外部委託やった”DNA鑑定”を警察組織で行うと言い出したらしい。

そうなると冤罪事件は永遠に解明されることなく封印される。

           ◎ 警察が冤罪をさらに増やす「DNA鑑定独占」


小市民が最低限身を守る手段として携帯録音機が必須かもしれんのう。
警察官に”職務質問”とかなにか尋ねられたら会話を取り敢えず録音するしかないな。

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村








21 : 42 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「一億総活躍」を「分かりにくい」と、この程民間議員に抜擢された元アイドル”菊池桃子”の一言で「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)」に改名・・・なお分からんわ!横文字(カタカナ)使うて誑かすな!
2015 / 10 / 30 ( Fri )
町の行政サ-ビスの一環で「特定健康診査」の受付が今月末が期限やったけ本日、受診して来た。

9時開院やけど、8時に受け付け(名前記入)だけ済ませて、其の侭40分程いつもの散歩道で過ごし
一度帰宅後、女房殿と連れだって受診にでかけた。

受け付け予約は既に8番目やったけ早くから記入した人が居るんやのう。

健常なら徒歩7~8分のところの医院やけど、車がないと動けんのがもどかしい。

問診票に各項目記入後、”検尿””身長・体重測定””血圧測定””採血””心電図”
最後にドクタ-による”触診”と問診・・・で院内に入って出るまで1時間50分・・・

無料で健康診断が受けられるのは有難いが今更悪いところが見つかってもなぁ・・・
なんて開き直った気持ちも少なからずあるんやけど、
文句いうと罰当たりになるか?

町の財政も厳しいと訊くし、どうなんやろねぇ?

成人後の健康診断項目の”身長測定”だけは、何故測るのか意味が分からん。
ゴムじゃ~あるまいし、延びたり縮んだりはせんぞ・・・

3~4週間後に結果を訊きにいかんといけん。
しんどい事よのう・・・(我が身の事やろ(♯`∧´))
仰る通り・・・(*´~`*)

それはさて置き、
シリアの難民問題もひと頃ほど騒ぎがないけど、

>スウェーデンに渡った移民が、移送された村が「寒すぎ」て孤立した場所にあると主張し、
 一部が移送されたバスから降りることを拒否するなど、当局との間でこう着状態にある

そこに住んで生活しよる人達を”冒涜”しとると思わんのかね。
すきっ腹の人に飯奢ったら、「こんなまずいもん食えるか」その内、あれ寄越せこれ寄越せとなるよ。

北海道の人は東京の冬は寒い・・・というらしいけど、それと似たようなもんで、
生まれ育った地域から突然、とんでもない寒さの所にやられると文句もでるかもしれんが

食うや食わずで戦火の間を潜り抜けてきた奴らとはとても思えんのう。
国を捨ててきて受け入れて貰える国があるだけで有り難いのに、なんちゅう我儘を(*`ω´*)

中東はなんとなくイメ-ジとして砂漠地帯が浮かぶが
彼の地も一日の寒暖の差は大きいと訊いた事があるし雪も降るそうや。

狭いながらも雨露を凌げる我が家があるし、寒いと暖房、暑いと冷房のある、
外に銃弾が飛び交うわけやない、どっちかと言えば”平和ボケ”したワシが言うのも
烏滸がましいかのう・・・(*´~`*)

           「寒すぎる」、移民がバス降車拒否 スウェーデン

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

23 : 18 : 18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「日本認知症協会」「日本てんかん協会」いずれも”公益社団法人”なんやなぁ。加害者はこういうのに保護されて、被害者は泣きをみる!
2015 / 10 / 30 ( Fri )
思いを寄せた女性をものにする為、床に穴を開け下の部屋の女性襲う・・とか
まるで映画のテ-マみたいやけど、”事実は小説よりも奇なり”・・・か

只、女性に岡惚れして犯す為にわざわざ引っ越して10日間もかけて穴あけるような奴やけ、
元々、誰にも相手にされん奴なんやろうけど、目的達成後どうするつもりやったんやろ?

「発覚する」ちゅう事を爪の先ほども考えとらんのやろうよ。
道具揃えたり、ばれた後の補修費用なんかを考えると、
風俗なんかを利用した方が遥かに安上りやし、犯罪者になる事もないのに・・・

まぁ、そんな事考えるくらいなら最初からこんなバカたらしい事企てて実行せんわな。

10日間掛かったらしいが、作業中(?)は「ギコギコ」とか「ドンドン」とか何らかの音がしそうなもんやけど
周囲の住人は無関心なんかなあ?

10日とはいえ、素人が簡単に穴を開けられるマンションが
防音設備が整うとるとも思えんし。

「虚仮の一念磐をも通す」でその執念を他の分野に向けたらサクセススト-リ-を
成し遂げたかも知れんのに・・・

ま、早い話が”粘着質”なんやろな。

話変わるが、
軽自動車で歩道を走って男女7人殺傷したニュ-スがあったが

これは酷いなぁ。
癲癇の持病持ちで事故の⒉日前まで認知症で入院しとったらしいから最悪やね。

癲癇持ちの事故は何度か報じられるが、
運転免許交付の際、それを調べる検査を導入を急げ!

>癲癇は薬で発作を抑えることができ、適切な治療を受けていれば運転に支障はないため、
 県警は事故原因を慎重に調べている。

何を慎重になる事があろうや!癲癇持ちに免許持たせるな!
事故を起こしたのは「73歳の運転手」・・名前を伏せたり、して何か胡散臭いのう!


”公益社団法人・日本てんかん協会”とかいうのがあるらしいなぁ。
そこが、「薬飲んでりゃ問題ない」とかいうても、
薬の飲み忘れで運転するリスクは考えとらん!

1.免許取得や更新時の質問票に虚偽回答をして事故を起こすと罰則が科せらることがあります。
2.病気の症状等を理由に免許を取り消しになった場合は、取り消しから3年未満に運転適性の状況が回復すれば、
 試験免除で免許の再取得が可能になりました。
3.運転をすることができない状態であるのに運転をし続ける人を、医師が公安委員会に届け出ることができます。
4.運転してはいけない状態であることを承知しながら運転し、死傷事故を起こした場合の刑罰が重くなりました。

                                       てんかんと自動車運転引用


殆ど各県に支部があるようでそれだけ患者も多いちゅうことかな?
自動車運転で生活しよる人も居るやろうけど、こう毎年のように
癲癇持ちの運転による事故が起きると、、の様に個人の判断でなんて曖昧な事ではすまんぞ。

今回の事故は明らかに(4)に抵触するみたいやけど
車に乗せた家族も未必の故意やし、免許の更新日によっては交付した公安委員会も
責任問われて然るべきやな。

いずれにしても、痛ましい事故やねぇ。
加害者は認知症なら殺した事さえ覚えとらん恐れがある・・・堪らんのう・・・

酔っ払いがグデングデンになっても「まだ酔うとらん、ヒック!」というように
ボケ老人も「ボケた」とは申告せんもんよ。


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村









00 : 14 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>