2014 / 06 / 30 ( Mon )
空は一点俄かにかき曇り・・・映像で観ると不気味やねぇ。
周囲には青空が見えるんやけ
ピンポイントで化学兵器で攻撃しとるようにもみえるよ。
映像は随分前の大阪枚方市のものやけどね・・・
ゼウスが如雨露で水巻しよるみたい・・・



”ゲリラ豪雨”の表現は別段新しいもんやんやなく
‘69に便所紙のゴミ売が使う(ウイキ)とるらしいから・・
ヘ~ッてなもんや。
ワシの経験で、にわか雨と競争した事があってね。
もう50年以上前になるが、
住んどった市のメインストリートを自転車に乗っとる時
辺りが急に暗くなって、道路のかなたの方から
アスファルトが黒々と濡れてくるのが見えて
必死こいて自転車を漕いだけど数秒後には全身ずぶ濡れになった。
まだ脇道は未舗装の道路が多くあった頃やし
おまけに、港町で道になだらかな傾斜があったけ
道路が冠水することはなかったけどね。

ところで
”蝙蝠党”が集団的自衛権の行使容認の対応を
執行部に一任することを決めたそうや。
”蝙蝠党”は
「これから国会で議論され国民に十分説明される」と言い逃れとるが
閣議決定されたものが破棄されることや、凍結されることはない。
国会でのやりとりは、単なるセレモニ-に過ぎん。

安倍のポンスケは調子こいて、イギリスの新聞に
「私の第三の矢は日本経済の悪魔を打ち倒す」と
題した論文を寄稿しとるそうや。
おいおい、それを言うなら
「ワタクチの第3の矢は日本経済を打ち砕き悪魔も恐れる所業です」やろ!

        ◎ 「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿

集団的自衛権の暴挙に本日、首相官邸前でデモを呼びかけ
1000人くらいの規模で計画したのが、なんと
35.000人に膨れ上がっとるらしいよ。
2年前の「原発再稼働反対デモ」を彷彿とさせるなぁ。

20140630200822frotai060606.jpg


安倍は辞めろ~!ファシスト辞めろ!今すぐ辞めろ!憲法壊すな!

BrX_SSeCEAAeiWj.jpg


         序でに”蝙蝠党”も潰れろ!


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村




23 : 05 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
原発が動かん3回目の夏を迎えようとしとる。思い返せば3年前の計画停電はなんの企みやったんやろ?
2014 / 06 / 29 ( Sun )
今日の午後、新宿で中年男性が焼身自殺を図ったそうやね。
男性は歩道橋の橋げたに登り、
「集団的自衛権、反対」を叫んでいたらしい。
駆けつけた警察官が男性を橋げたから降ろそうとしたけど、
男性は制止を振り切って自分の体に火をつけた・・ということで
救急病院に搬送され、容態は不明。
集団的自衛権の抗議のためなら痛ましいねぇ。

安倍のポンスケ政権は7月1日にも”閣議決定”するらしいが
国会で殆ど議論しとらんのに・・・
政府広報と化した電気紙芝居や便所紙で
”痔民痘”と”蝙蝠党”の茶番劇を、さも丁々発止のやりとりを
しとるように見せつけられた国民が阿保みたいやな。

”蝙蝠党”が如何にも抵抗して”てにをは”を変えさせたとえばっとるらしいが
実は、”蝙蝠党”が絵を書いて主導しとるのをスク-プでばらされたけね。

200px-Periodo_jomon,_dogu,_2000-1000_a_c__3


                          ↑↑↑
                   此奴やない・・ これによ~似た

000382.jpg


                          ↑↑↑
                        こ奴らしいよ

ケッ!ブレ-キが聞いて呆れるわ・・
「連立離脱のカ-ドはない」と言うた時からこの結果は明らかやったわけで
”痔民痘”と連立組んで十数年・・・
どんだけの悪政のエンジン役を勤めたことやろ・・・

昨日”蝙蝠党”の地方代表懇談会で党執行部が
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定などを説明したらしいが
「地元で連立離脱を求める声がある」
「『次の選挙は応援できない』と言われた」
「日本が戦争に突き進むのかと言われる」等々
執行部に批判的な意見がよ~けでたらしい。
なにを今更いいやがる!・・ってなもんよ・・
電話もありゃ~、ファックスもメ-ルもあるけ
決まる前にガンガン執行部に抗議せんかい!

のっぺり面の山口那津男党代表は
「厳しい意見が相次ぐのは健全だ。皆さんの意見を協議に反映する」だってよ・・

a85032aa-s.jpg


戦場に行くのはこの作文を書いた年代の子が正に該当するやろうからね。
それでのうても、少子高齢化がすすんどるんやけ
若い命は大切にせんといけんよ~。
「アメリカの若者が血を流しとるのに、日本の若者が血を流さんでええんか」 と
言うバカな政治屋も居るが、政治家の仕事は
「国民の生命と財産を守る」事にあるんやけ
率先垂範して戦地に赴け!
己が、年寄りなら息子や孫にまず行かせろ!

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



23 : 22 : 14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
セクハラ野次の犠牲者(塩村都議)への個人攻撃があることない事ひっくるめて、強烈らしい。まぁ、事を表沙汰にすると覚悟はしとかんとなぁ。
2014 / 06 / 29 ( Sun )
昨日は録画しとったアラン・ドロン主演の”フリック・スト-リ-”を観た。
”フリック”はフランス語で”刑事”というらしい。
英語とフランス語の合体で「刑事物語」・・・かな?
スト-リは、凶悪犯エミ-ル(ジャン・ルイ・トランティニアン)が脱獄し
国家警察のボルニッシュ(アラン・ドロン)が逮捕するまでを描いとるんやけど
エミ-ルは捜査を嘲笑うかのようにレストランで客のカネや貴金属を奪い
会社の給料日を狙って押し入り強奪の上目撃者を射殺。
ボルニッシュの協力者は密告されたとして次々殺していく。
警察は電話傍受でエミ-ルの仲間と待ち合わせ場所をつかむことに成功し
郊外で手分けして密かに隠れとるんやけど、
バスで降り立ったエミ-ルは待ち伏せに気づき再びバスに飛び乗って逃亡する。
その張り込みを仲間の裏切りと思い仲間を射殺。
一味の中に嫁さんが病弱で入院しとるのが居って
それに目を付けたボルニッシュが
「15~20年の刑がええか?女房の面倒見るのがええか?」と
裏切りを唆し郊外のレストランで仲間を待つエミ-ルを
郊外にある病院への見舞客を装ってエミ-ルを油断させる為
ボルニッシュと同行する恋人と2人の刑事がレストランの中で
隙を見て逮捕するのね。
取り調べの時エミ-ルが
「心残りはお前(ボルニッシュ)の首を斧で狩れんやった事」・・
実話らしいけど、冷酷非情の悪人を演じた
”ジャン・ルイ・トランティニアン”がええなぁ。
憎たらしいほど冷酷でね。
1975年の作品らしいからもう40年も前になるんやな。
アラン・ドロンは悪役(?)を演じた方が存在感が増すようにワシは思う。
なんの飾りもない 寒々としたアパートで、
たった一羽の小鳥とともに暮らす寡黙な殺し屋を演じた・・・”サムライ”
当時(76年)は根強い偏見を持たれとったジプシ-のヤクザ者に扮し
強盗を重ねて最後に殺される・・・”ジプシ-”
”さらば友よ”もよかったけど、あれは完全に”チャ-ルス・ブロンソン”の
映画やね。
ウイスキ-の中にコインを10枚沈める賭けのシ-ンで
アップになるブロンソンの顔が(目)がなんとも印象的やったね。
ラストシーンでも手錠をかけられたブロンソンの咥えタバコに
これも手錠をかけられたドロンがマッチの火を差し出すのを
両手で相手の手を掴み黙って火をつける・・・一言の言葉も交わさず分かれる・・
いや~っ、また観とうなった。
レンタルビデオ店TSUTAYAに
”発掘良品”100人の映画通が選んだ本当に面白い映画なる企画があるが
どうも、映画の黄金時代ともいわれた1950年代の作品が少ないのが不満やねぇ。
選者が若いんやろか?
ところが、先般”現ナマに手を出すな”がリリ-スされた。
このブログで図書館の視聴室で観たのを紹介したけど嬉しいねぇ。
近い内借りに行こうっと・・・
まだまだ、フランスの50年代~60年代フイルムノワ-ルは
”筋金(ヤキ)を入れろ””彼奴を殺(け)せ””墓にツバをかけろ”
”赤い灯をつけるな””殺人鬼に罠をかけろ”等など
西部劇にもええのが(観たい)いっぱいありまっせ~・・・
・・・と本日は一人ごとを長々とすんませ~ん。

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

00 : 05 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>