明日はデパ-トやス-パ-は開店休業状態になるんやろな。
2014 / 03 / 31 ( Mon )
今日で13年度が終わりで~す。

その年度が変わる前日の今日が定期健診にあたり、行ってめぇりやしたよ~。

こっちの病院に転院してから、早4年になるが

待合所の30ほどある椅子にだ~れも座っとらん。

付き添い役の女房殿に

「こんな空いとるの初めてやのう」と話たことよ。

例月、10時予約で座れることはほとんどないのに・・

看護師に「今日は空いとるねぇ」と聞いたら

首捻りながら「5週目に入ったからですかね」というとった。

待ち時間が短いのは大歓迎やね。

で、病院に行く時通る学校の土手や、道路脇の桜がほぼ満開やったから

午前中の散歩に行けんやったけ、昼飯食うてカメラ持って出かけた 


                                                 道路沿いの桜並木は八分咲きちゅうとこかな?

douro


                       学校の土手に咲く桜は満開・・
gatukou


                    散歩道脇にある民家の庭に咲く桜・・まだ五分咲きで
                   
                      先が楽しめそうで~す。
7bu


                川のハンタ-(名前はしらんが鷺やね)この後飛び立ってしもた・・

          獲物を捕らえたのを何度か目にしたがそんな時に限ってカメラがない・・残念・・

             カメラがあっても相当気永に待たんとチャンスが訪れんからね。
sagi


閑話休題

明日から、17年ぶりに世紀の悪税“消費税増税”がスタ-トする。

ポマ-ドベットリ頭の“橋龍”の時以来か?

昨日も触れたけど日用品の買い溜めが止らんらしい。

この反動は必ず来るで有ろう事はバカでもチョンでも分かる。

それを御用アナリストどもは、

「一時的な買い控えは予想されるが大きな影響はない」と言う論調が多い。

政府も、大企業も一過性と捕らえて景気は直ぐ快復する・・と暢気な父さんやで・・

17年前と社会情勢が全然違うわなぁ。

’97年頃には勃々と“リストラ”が広がりだした時期であったと思うけど

まだまだ、大企業を始め多くの会社の雇用は正社員やったんやないかな?

その分生活の基盤が出来とった筈やけど

経済学者かなんか知らんが“ケケ中”ちゅう曲者が

従業員を取替えの効く部品なみの契約社員、派遣社員みたいな制度をつくり

ヤクザの人入れ稼業よろしく“人材派遣会社”が乱立させ

今では4割弱の人が非正規雇用で給与も大幅に減って日々の暮らしがやっと・・という。

え~い!年度の終わりに愚痴めいてしもた。もう止め!

明日からは外に出ると税金とられそうやけ“巣篭もり、巣篭もり”・・

川のハンタ-“鷺”のように思いっきり首を伸ばして先々をみつめてみたいのう。

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。
23 : 10 : 42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
“LIONZ”懸念したとおり開幕3連敗・・点取りゲ-ムで点が捕れんのやけ最低や。気を取り直してまずは、1勝目指そう・・
2014 / 03 / 31 ( Mon )
愈々、屁をふってもくっついてくる魔の“消費税増税”が始まる。

電気紙芝居では、安価な日用品を目の色変えて大勢の庶民が

買い溜めに押し寄せる模様を嬉しそうに報道しよる。

日用品を「3万円分」「4万円分」買うたと言う人もおった。

1000円かそこらの支出を抑える事にしかならんのに庶民は必死まめたん。

各言うワシもガソリンを満タンにしたよ。

満タンちゅうても“軽自動車”やけ27リッタ-しか入らんやった。

実にささやかな抵抗やけどね。

「安倍のポンスケ」の2枚舌は今に始まったことやないけど

「消費税増税の前に政治家も身を切る」と啖呵をきったが

一向にその様子が見られん。

それどころか、東日本大震災の復興を目的やった

国会議員の歳費削減、や国家公務員の給与削減は

期間限定であった、ちゅうて早々と元の歳費、給与に戻しやがって、

国民からの復興税は所得税から25年間の長きに渡って徴収される。

税金で飯食うやつらばっかり優遇されとる。

「河村市長!なんとかしてチョ!」

今頃になって「消費税5兆円は社会福祉で使う」と政府広報しよるが

実際は9割がた土木工事や防衛費らしいから

メディアはしっかり「安倍のポンスケ」の5~6枚舌のウソを暴けよ!

国土交通省の発表によると

2050年になると人口減少で日本の国土の約6割が無人になるという。

いまよりも無人地域が2割近く広がるそうや。

こうした試算をするのは初めてで、国交省は今夏を目処に

人口減少に備えた国土整備の基本方針をまとめるらしい。

早い話がこのまま行くと、人の住まん地域がどんどん増えるってことで

たかだか40年後の話やからね。

一極集中問題は早くから燻っとったんやけど

手の打ち様がばないんかのう?というよりやる気がないんやろ

現状のほうが、権力側にとってはなにかと都合がええんやろうよ。

地方の、それも田舎のほうには若者の働く場がない。

仕事のある都会に出る、残るは老人ばっかり。

バカでもチョンでも分かるわ!

こういう報告があると、暗黙に分かっていながら背筋がさむ~なるなぁ。

国は性懲りもなく道路つくりに勤しんどるが、

熊や猪、鹿などの野生動物の所謂、獣道になるだけやないの?

人口も7千万人くらいになるという。

そうなると広大になったインフラの維持が大変よ。

この問題は移民では解決つかんからね。

移民はカネ稼ぎにくるんやけ人の住まんとこはカネがないけ行くはずがない。

昭和の始め頃まで人口は6千万人か7千万人やったらしいから

この人口が日本人が日本で平和に生活できる・・と言う人もおる。

世界中どの国も同様の問題は抱えとるやろうからね。

と、こんな事を庶民のワシらが思い煩うてもしょうがない。

便所紙に折り込まれたチラシで「あすこのあれが安い、こっちのこれが安い」と

頭捻るのがワシらには似合うとる・・


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。







00 : 33 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アイススケ-ト世界選手権、男女とも“金メダル”おめでとう・・・
2014 / 03 / 29 ( Sat )
BSで放映されたのを録画しとった「グラディエ-タ-」を観た。

何回目やろ?
gurade-1
gurade-2


VHSのものは持っとったけど処分してしもたからね。

もう十数回は観たはずや。

とにかく“ラッセル・クロ-”がええ。

アカデミ-賞も納得、納得・・

多分「ロ-マ帝国の滅亡(’64年)」のリメイクなんやろう。

西暦180年の頃の史実を織り交ぜてどっちの映画も

スペクタクル超大作であることは間違いない。

前作と40年近くの時差があり映画界に於いても

CGが多用される時代になり、往時のように大作に付き物の

巨大セットが姿を消したのは古いフアンとしては寂しい気もするけどね。

CG、といえば撮影の最中に“オリバ-・リ-ド(プロキシモ役)”が亡くなり

CGで対処したらしいが、何度観てもどの部分か分からん。

もっとも、簡単に見分けられるようではどもならんけどね。

ro-ma


「グラディエ-タ-」は2000年に日本公開されとるんやね。

これまで映画館に足を運んで観た最後の映画・・と思うとったよ。

ところが、先日“Tシャツ”の記事を書いた時の映画

「サラマンダ-」は2002年になっとる。

今考えると、なんでこんな映画観に行ったんやろ?

女房殿の買い物中の暇つぶしやったんやと思う。

“クリスチャン・ベ-ル”“ジェラ-ルド・バトラ-”なんかも共演しとるんやなぁ。

古い映画は観るたんびに新しい発見があるような気がする。

今では有名な俳優がチョイ役で顔出しとるのを見つけたりすると嬉しくなる。
saramannda

どうも、“ピア-ス・ブロスナン”の“007”も映画館で観たようなきがしてね。

娘と一緒したことは覚えとるんやけど・・

目当ての映画に間に合わんやったんやなかったかなぁ。

ちくと調べると、こちらは、2003年になっとるけ、

「ダイ・アナザ-・デイ」が映画館で観た最後の映画ちゅうことになる。チョンチョン・

これ以降我が家のTV画面でDVDで楽しむようになった。

homepage03.gif


浅田真央・・世界選手権優勝“オメデトウ”

隣の国では、又ぞろ、「キム・ヨナガデランカラニダ」なんてケチが搗くんやろな。

なによりも、こら~!“鮫の脳味噌シンキロウ”!

両手ついて謝れ!大事なところで何処で転んだよ!

コヤツ等は一転、自分の手柄のように振舞うんやろな。ケッタクソワル~!

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。

23 : 49 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>