F-1王者の“ミハイル・シュ-マッハ”がスキ-事故で重体らしいね、自動車のスピ-ド王がスキ-で・・というのもな~んか、皮肉っぽいねぇ。
2013 / 12 / 30 ( Mon )
「宇都宮健児」弁護士が前回に続いて2回目の東京都知事選に出馬表明したようやね。

何しろ、前回不正選挙と疑われて四百数十万票の得票で知事に納まった「狛犬猪瀬」の

次点やった人やからね、マスゴミが意識的に外しとったんやろな。

マスゴミが“ハゲ添え(枡添)”“東国売(東国原)”“恥知らず丸川”ほか数々の

候補者を取り沙汰しながら、明らかに世論誘導を始めた矢先の立候補やから今後注目やね。

“はげ添え”や“東国売る”あたりは、今後電気紙芝居の

バラエティ-はおろかお呼ばれすればどんな番組にも出演して顔を売っていくやろ・・

いずれの候補者もオリンピックの成功をメインに上げてくるのは予想される、

その中で、「政権の暴走を止める」と打ち出しての立候補が嬉しいねぇ。

地方在住やけ投票権はないけど応援したいね。

“原発関連”や“特定秘密保護法案”なんかを争点に引き摺りだして戦って欲しいなぁ。

“東国売る”が日本の首都の顔で世界に紹介されると思うと“ゾッ”とする。

           都知事選、宇都宮氏が出馬表明 「政権の暴走止める」

話題は変わって

“日本ユニセフ”が、ネットのネガティブ・キャンペーンで困り果てているらしい。

ネットで叩かれた分だけ、寄付が減る・・そこで必死に言い訳しとるのが

「日本ユニセフ協会に関するデマや誤情報にご注意ください」というページを公開して

ネット上にユニセフやユニセフ協会に関するデマや誤情報があり、

そしていわれなき誹謗中傷の書き込みが存在すると説明し、具体的なデマや誤情報の例を4つ挙げている。

●「日本ユニセフ協会は募金詐欺団体。募金を不当に"ピンハネ"している」

●「日本ユニセフ協会は偽物(UNICEF東京事務所が本物)」

●「アグネス・チャンは、ユニセフ募金で家・事務所を建てた」

●「日本ユニセフ協会には"天下り"がいる」等、
 
当然の事ながら同協会はこれら4つすべてを否定しているそうや。

否定するだけでそれに対する中身の説明はないらしいけどね。

アグネス・チャンをはじめとするユニセフ親善大使は無償で活動を行っているとも説明しているそうで、
 
なにやら、躍起になっとるらしい。

「ピンハネ」の「ピン」は1割のことやからね。

それを2割はねりゃ~普通は「不当」やないの?

1000円寄付したら200円が懐に入れられる。

先日の携帯電話に1日5~10円の課税検討のように

個人的に見れば僅かなカネやけど日本中から集めるとなるとそりゃ~何十億、何百億にもなるよ。

我が家にも赤い羽根と青い羽根募金が年に一回づつ来る。

各100円なんやけど、町内回覧封筒で来るけ半ば強制みたいなもんや。

それに、募金額が増えるほど取り分が増える(歩合)のもおかしな話で

募金額が増えたから経費が余分に掛かる?ちゅうもんでもないやろ?

そもそも、募金したカネで経費を賄うのもおかしな気がする。

元々、ボランティアは金持ちの道楽みたいなもんらしいから

日本には馴染まんのやないかな。

カネ出すほうがボランティア(慈善寄付)なんやけ手はつかんよ。

噂によると、アグネス・チャンは30分講演で100万円らしいよ。

親善大使の名を借りてカネ儲けしよると言われても仕方ない。


                   ◎ 日本ユニセフ協会 ネットのデマや誤情報を否定する


明日はブログにてが回らんかも知れん。

皆さん、拙いブログにお付き合いアリガトウございました。

来年もよろしくお願いいたします。

それでは、皆さん・・よいお年をお迎えください。


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。

20 : 03 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「安倍のポンスケ」は靖国参拝で、中・韓に喧嘩売ったつもりが世界中が敵に回った・・ちゅうところやろな。こんごあっちこっちの電気紙芝居に出没して「元気ありまっせ~」の振りするやろんなぁ・・
2013 / 12 / 29 ( Sun )
原発か、なんかの爆発??

い~え、女房殿が朝日が登る美しさに“パシャッ”と一枚・・


ラティス越しに眺めると幻想的になりますなぁ~。
asahi



むすこの嫁の実家から贈り物が届きましたよ~。

“よもぎ餅”“あわ餅”懐かしいですなぁ。

子供の頃、“よもぎ”を摘んできて餅に混ぜ込んで貰うたのを思い出します。

向こう三軒両隣で力合わせて、年末の一大イベントやったけどね。

餅は大好物でなんでもござれ・・餅をおかずにごはんを食べようか・・と言うくらいにね・・

ただ、嚥下力が老いと共に落ちてきとるようで、便所紙のネタにならん様に気をつけながら・・
moti



熊本在住なので、“くまもん”のグッズまで頂きました。

ご当地キャラで“くまもん”は千数百億円の経済効果を生み出した・・そうで

喜ばしいですな。

個人的には、全国各地でご当地“ゆるキャラ”に現を抜かすのは醒めた目でみとるけどね。


kumamonn



韓国との鉄砲の弾の貸し借りはどうやら返却で落ち着いたようやけど

韓国の兵器のお粗末さが10日ほど前にニュ-スになっとった。

「安倍のポンスケ」政権を「軍国主義の復活」と非難する韓国やが、

軍事費が国家予算の10%に上るなど自らは軍備増強に力を注いどるらしい。

ただその中身は何ともお粗末で、新型の国産戦車「K2」ちゅうのは

開発開始から18年を経ても尚、エンジンが作れず、部隊配備は延期に次ぐ延期。

大阪では町工場が人工衛星を作る技術を持つが、

“お隣り”は国家の威信をかけた軍備もパクリや偽造、ポンコツのオンパレードと

そうすかん喰うとるらしい。

韓国陸軍では、こんな「欠陥兵器」はK2だけにとどまらない。

例えば現在配備中のK1戦車。

設計は米クライスラー・ディフェンス社だが、これを韓国で“改良(改悪)”した戦車がトラブル続きだ。

もともとは105ミリ砲だが、これを120ミリ砲にするなど装備や部品を取り替えた結果、

重量バランスが崩れ、変速機に異常が発生して憐れリコール騒ぎとなった。

次いで、火災検知器を当初の米国製から韓国製に換装したところ、

砲塔を左に向けて主砲を発射すると消火用のハロンガスが車内に噴射されるというトラブルが発生、

これまた、全車改修となった。

また、歩兵10人を乗せて上陸作戦が可能な水陸両用のK21歩兵戦闘車は、

09年12月に荒れる海ではなく川を渡る訓練中に浸水し沈没。(ドリフも顔負け)

10年7月にも試験用の池で浸水、沈没して死者を出すなど、

敵前上陸を行う以前に浮くかどうかも怪しい状態やそうな。

そもそも浮力を稼いでいるのは車体の横に膨らませた「浮き袋」やそうで、

被弾すれば破れて即沈没となる。

ドリフの『全員集合』のコントで観たようなギャグ満載の兵器ちゅうからおっとろしいのう。

武器などを輸入した場合は、多くの先端技術がブラックボックスなどに守られ、

分解はもちろん整備にも制限が加わるらしい。

ところが、「パクリ」と「おねだり」が国是みたいなところの或る韓国は、

ライセンス料払うのが惜しいばっかりに

「買ったものをどうしようがこちらの勝手」とばかりに

分解して同じ様な形には仕上げても、何故その形にしたのか?何故高価な合金を使用したのか?

理解せんで兎に角安く作ろう(パクリ)と改悪してしまうそうやね。

青瓦台(韓国大統領府)などに据えられているスイス製の対空機関砲の砲身が、

訓練時に破裂したり亀裂が入ったりするなどの事故が起きて、

調査したら、砲身を納入する貿易業者が、寿命の尽きた本物の砲身を国内の金属加工業者に

「見本」として渡して粗悪なコピー品を作らせていたことが判明。

そのコピー品をいったん香港に送って“外国製”に偽装し、逆輸入して納入していたことも明らかになった

配備している36基72門の砲身のうち、49門がパクリの偽物だったというからおっとろしい。

日本の食品偽装問題が可愛く見える・・

いざ、戦争にでもなった暁には敵の弾やないで自国の兵器で自滅するんやないの?

そんな兵器もって他国にPKOで行って大丈夫かい?


       ◎ 「軍備」もパクリと偽造の韓国 「兵器」は欠陥品だらけが現実…


ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。

23 : 16 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「安倍のポンスケ」も靖国に参拝したけりゃ~朝の日課にすればええ。なにも金魚のウンコみたいに取り巻きゾロゾロ引き連れて行く必要ないやろ?。自己陶酔に浸っとるだけや。マスゴミが又、ゾロゾロ、ヘリコまで飛ばして大騒ぎせんでもええぞ~!
2013 / 12 / 28 ( Sat )
録画しとった「ロング・ライダ-ズ」を観た。

先日のCG満載えいが「マン・オブ・スチ-ル」毒消しに・・の意味を込めてね・・

1980年制作の西部劇やけどね。

南北戦争に敗れた南軍の兵士が“ジェシ-・ジェ-ムス”を頭とする

実在のギャング団の物語でこれまでも数々映画の題材に使われとる。

“地獄への道”(ヘンリー・キング監督、1939年、演:タイロン・パワー)

“無法の王者ジェシイ・ジェイムス”(ニコラス・レイ監督、1957年、演:ロバート・ワグナー)

“ミネソタ大強盗団”(フィリップ・カウフマン監督、1971年、演:ロバート・デュバル)

“ロング・ライダーズ”(ウォルター・ヒル監督、1980年、演:ジェームズ・キーチ)

“ワイルド・ガンズ”(ロバート・ボリス監督、1994年、演:ロブ・ロウ)

“アメリカン・アウトロー”(レス・メイフィールド監督、2001年、演:コリン・ファレル)

“ジェシー・ジェームズの暗殺”(アンドリュー・ドミニク監督、2007年、演:ブラッド・ピット)

この内ミネソタ大強盗団だけ観てない。

“ジェ-ムズギャング”はジェ-ムス兄弟、ヤンガ-3兄弟、ミラ-兄弟の7人組なんやけど

この映画は夫々の兄弟を本当の兄弟が演じとるんよ。

ジェ-ムス兄弟は“ステイシ-・キ-チ”“ジェ-ムズ・キ-チ”

ヤンガ-兄弟は“ディビット・キャラダイン”“キ-ス”“ロバ-ト”3兄弟

ミラ-兄弟は“ランディ・クエィド”“デニス・クェイド”

この映画が面白いのは本物の兄弟が演じとるのが成功しとると思う。

監督が「サム・ペキンパ-」を尊敬する「ウォルタ-・ヒル」で

面白くない訳がないよ。

銀行強盗に失敗して町の中を銃に追われて応戦しながら逃げ惑う、

疾走する馬ごと大きな店のガラスを突き破る、

傷ついた弟を馬に拾い上げ、逃げる時に二人乗りの馬で塀を越える場面、

等などスロ-モ-ションで描写し「ペキンパ-」を彷彿とさせる。

「ジェシ-・ジェ-ムス」を扱うた映画はこれが一押しやね。

古いちゅうても30年前やけど「古い映画を観るとホッとする」ねぇ。

じぇ

同じ時代に、“ワイアット・ア-プ”や“ビリ-・ザ・キッド”もしとったんやなぁ。

その時期日本は明治政府ができた頃になるんやろうが、

なんとも不思議な気がするねぇ。

ポチッと一手間お願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

面倒でもも一度お願い。励みになります。

23 : 59 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>