腹立たしいP-2
2011 / 12 / 21 ( Wed )
時間は売りに往くほど在る、ブログを書く時間くらい・・と思っていたけどあにはからんや、
頭の中で推敲を重ねていると新しい出来事が発生し誤和算、更新が滞る言い訳にもならないが・・・
まず、原発の収束宣言「おいおいまだ放射能は放出中しかも汚染された冷却水は3日前には海中に放出といってたのに」。
何処が収束よ。除染作業についても
普通の感覚なら『安全になりましたどうぞお帰りください』でしょう。
この国は原子力村と言うマフィアが完全に牛耳っとる。
大手メディアがお先棒かついで国民を洗脳しとる。
何ヶ月も前に一部の人々が指摘し明示したことをメディアは無視を続け、2~3か月して(正に人の噂も75日)<何々が判りました>・・と平然と紙上にのせたり、TVの向こう側でしたり顔をして批判の真似事をしとる。
金正日の訃報に際しても何ヶ月も否何年も前からこのひを迎えるんはわかっとったんやけ何を今更。
とってつけたように朝日の朝刊は三分の一が関連記事だぜ。TVはどの局も(TV東京は元々???)同じ。
例え事件,事象がなんであれ今に始まったことではないけど横並びしていないと安心できんのやろうね。
それに付き合わされる国民は堪らんわな~。
NHKのは受信料払いたくないね。
アメリカの原子力規制委員会こ会長からもIAEA会長からも冷温停止について評価されとるが
これが目当てやったんは衆目の一致するところ。
統合記者会見も幕引きされたし益々情報は隠蔽されるんやろね。
あ~疲れたまた初心に帰ってボチボチ更新します。


14 : 46 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
腹立たしい
2011 / 12 / 12 ( Mon )
別段懐古趣味がある訳やないけど先日の食事会で、ピンポン玉のトミ-(HN)が
『昨日のおかずは憶えとらんけど昔の事はよう思い出すな~』と、ぼやいた。これには全員異論なし。
現に筆者がほぼ日課化しとる夜十時の映画館(勝手に命名)は圧倒的に50年~60年の作品を繰り返し鑑賞しとる。
勿論新作なんかもレンタルして観賞するけど、口直しに古い映画を観ることも多い。
さて、録画していた〔チャイナシンドロ-ム〕を観た。公開12日後に実際にスリ-マイル島事故がありセンセ-ショナルに話題を呼んだ映画。
現に日本で発災しとる事と重ね合わせるとよりリアルに感じる。隠蔽しよう、事故を小さく見せよう、は洋の東西を問わず起こりうることなんだと改めて思った。3・11以後東電の会見はほぼ見るようにしとる。(365連休の身体ゆえ時間だけは馬に食わせるほどにある。)事故直後にすでに大変な事態になっとると警鐘を発した人達は表舞台から引っ込められた。今頃になってあれが判った、これが判ったと大手新聞などは記事にしとるけど記者は恥をしれ。
大宅壮一が「テレビは一億総白痴化する」と何十年か前に言ってたがピッタンコカンカンである。
我々の年代以降は正にテレビとともに、であった事も間違いない。決して良質の番組ばかりではなかったと思うが
近年は視聴者を馬鹿にしとるとしか思えん番組ばかり。どのチャンネルに変えてもお笑い芸人がひな壇に座って大騒ぎしとる。腹立たしい限りではある。
深読みすると東日本の惨事をスピンコントロ-ルする為か?と疑いたくなる。何十年、何百年、何千年と消えることのない原発のウンコを抱えて何千年後の人類に危険度をどうやって判らせるつもりなんだろう。今の日本語がそのまま通用するとは思えんけど。
あ~疲れた今日は何書いとるか分からん様になった。この続きはまた書くこともあるかも知れんではサイナラ









11 : 52 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
食事会
2011 / 12 / 10 ( Sat )
元同僚と定年後、年2回程近況報告と言う事で食事をしながら旧交を温め採る。
すでに18回くらいにもなるんかな。
内一人が先月肝臓がん摘出手術をやったらしい(お互い年なんやけ入院でもする様な事でもあったら忌憚なく知らせあおうと約束していたにも拘らず黙ってしやがって)
幸い良性で転移もないとの事で一安心ではある。
その昔は癌は本人には内緒とされた事もあったらしい。
今では笑って話題に出来る。今更ながら医学進歩バンザイ。
又、一人は糖尿で食事制限もあるが、
「たまには好きなもん食うても老い先はそれ程残っとらん悔いを残すよりええ」と意に帰さず。
各言う筆者も在宅酸素のお世話になっとる身、(幸いまだ常時使用とまではいっとらん)
いずれ灰になる。クヨクヨしてもなんも生まれんし目は前をみるようになっとる。
さて、今日も日課のビデオでクラシック映画を観よう。
18 : 41 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>